性器の悩み

膣は女性特有の性器である。
人間は女性の子宮で育まれ、出産時にはこの膣を通り生まれることになる。
このため、女性のみならず、パートナーや家族、育まれる胎児にも重要な場所である。
出産を経験する女性のみならず、日常的に起こる月経や、性交渉の時にも重要な役割を果たすので、その役割は計り知れない。
しかし、日本では膣を始めとする子宮といった女性生殖器、男性生殖器に関する話題はあまりされないことが現状としてある。
このため、膣の状態に関することも、都市伝説化している。
例えば男性経験が多い女性の膣はゆるみが大きいなどの間違った認識などが上げられる。
女性自身でさえも、正しい膣などの女性生殖器の役割やそのつくりについて無自覚なことも多い。

女性の生殖器の一つである膣は、子宮と卵巣といった器官と連動し、女性の機能を形作っている。
膣の作りは膣口から膣内部というように作られており、外側には尿道もある。
このため、膣のゆるみがあると、尿道も同時にゆるみ、頻尿や尿漏れを起こしてしまうこともある。
また、膣を守るために、膣の外側には小陰唇や大陰唇が形成されている。
膣の内部は子宮にも繋がっている。
月経になると、この膣口の部分から月経血が流れてくるが、子宮ではこの前後に着床の準備がされていた。
卵が卵巣から排出されるが、受精せずその着床が確認されなければ、子宮は組織を流すことになる、妊娠組織は膣内部を通り、膣口から外に流れることになる。


緩む原因

性交渉が多い人ほど膣がゆるむという間違った認識が人を苦しめている。しかし、ゆるみの原因はそれ以外にも多くあり、出産もその一つである。精神的な悩みを大きくさせないためにも、正しい知識を取り入れたい。

Read more »

施術法を選ぶ

悩みを解決するには、医療機関を受診し、体を変えることもできる。トレーニングで膣のゆるみを解決する方法もあれば、切開・縫合で手術することもできる。また、高周波の機器を使い治療する方法もある。

Read more »